TOP 中西医結合によるがん治療 がんの新しい免疫療法 植物からの抗がん薬 がん種類の概説 天仙液
天仙液系列関連
曲美・牛黄清心丸 漢方医学でがん治療できるか
-王振国教授の講演
曲美・牛黄清心丸 天仙液系列製品開発者の紹介
天仙液とがん治療法/三便宝 GMPによる製品の製造
三便宝と天仙液の特徴 発展中のがん治療医療
胃がんは最も多い、肝臓がんと膵臓がんは お問い合わせ
曲美・牛黄清心丸 あさひ医王クリニックのご案内
乳がん、卵巣がん、肺がん、胃がん がん治療情報関連リンク
胃がんは最も多い、肝臓がんと膵臓がんは サイトの運営者案内
がん治療と癌治療



人間は生まれながらにしてがん細胞を攻撃する「免疫」というしくみを持っています。いまその力を高めてがんと闘う新しい試みが始まっています。


がんの新しい免疫療法



-がんと戦うさまざまな免疫細胞

がんがひろりでに消えるとき

人間は生まれながらにして、病原体や毒物などから体を守る防御システムを持っています。これは「免疫」とよばれています。
免疫システムは“自分のものではない(非自己)”と認識された分子や病原体を発見して攻撃システムなので、その人自身の体の組織に対しては反応しません。このシス テムはがん細胞を認識することが容易ではないのですが、これはがん細胞、もともと体の一部だった細胞が遺伝子の変異によって際限なく増殖するという性質を獲得した ものだからです。
 そこでいま、癌を正常な組織とは違う“よそ者”と認識させたり、さまざまな薬を使って免疫反応を増強しようとする試みが始まっています。このように、人間が本来も つ免疫システムを利用して癌と闘う治療法をがんの「免疫療法」あるいは「生物学的治療法」といいます。

侵入者を食べる“大食漢”細胞

免疫システムに参加している細胞にはさまざまな種類があります。それらはまとめて「免疫細胞」と呼ばれています。
 たとえば、組織と組織のすきまに枝のような突起を伸ばしている「樹状細胞」という細胞は外部からの侵入者を捕らえると、別の免疫細胞に「この侵入者を見つけて攻撃せよ」と指示します。また「マクロファ−ジ(大食漢)」という細胞は、そのなの通り、侵入者を自分の中に取り込んで消化してしまいます。
 もっともよく知られている免疫細胞は「白血球」でしょう。風邪やインフルエンザにかかると、免疫システムが活発になって白血球の数が増す、という話を皆様にも聞いたことがあるかもしれません。
 白血球は、体中にはりめぐらされたリンパ管や血管の内部をかけめぐり、さらにはその外に浸み出して、体中を自由に循環しています。こうして白血球は、体内に侵入者が潜んでいないかどうか、、常にパトロールしているのです。
 白血球とは実際には「リンパ球」、「単球(たんきゅう)、」「好塩基球(こうえんききゅう)」などの総称です。なかでもリンパ球は、免疫において特に重要な役割を果たしています。
 白血球の約20パーセントを占めるリンパ球は「B細胞」、「T細胞」、「ナル細胞」の3種類に分けられます。
 第1のB細胞は、侵入物を見分ける「抗体」というたんぱく質を大量に生産します。第2のT細胞にはいくつかの種類があります。たとえば、侵入物を直接攻撃する「キラーT細胞」、他の免疫細胞が働くようにうながす「ヘルパーT細胞」などです。
 第3のナル細胞は「ナチュラルキラー細胞」などに変化して侵入物を攻撃します。ナチュラルキラー細胞は、いわば、“オールマイティー”の殺し屋で、細菌やウイルスだけでなく、がん細胞をも見分けて攻撃すると見られています。
 こうしたさまざまな免疫細胞は、体内に侵入者が入るとそれを感知して、働き始めます。そしてほかの免疫細胞にいろいろな物質を送り届けることによりそれらの細胞を目覚めさせ、また何をすべきか、どのくらい活発に働くべきかなどを指示します。と同時に、自分自身も同じような信号を受け取ることにより、その活動をコントロ−ルされます。
このようにして免疫細胞は互いに連絡し、複雑な情報ネットワークを構成しています。これにより、沢山の免疫細胞がひとつの免疫システムとして統制のとれた働きうぃするのです。

がん細胞を免疫で殺す戦術

人間の体に本来そなわっている免疫の働きだけでは、大きな癌を完全に消滅させることはできません。そこで免疫療法では、さまざまなやり方で免疫を増強しようとします。たとえば、癌を殺す作用をもつサイトカインを遺伝子技術により合成します。これを患者に大量に投与すれば、サイトカインは患者の体内でがんと闘うはずです。さらに、さまざまの薬剤を使ってがん患者の免疫システムを刺激すれば、免疫の働きが活発になり、癌をも消し去るかもしれません。
  免疫療法はめざまし進歩している今日、ひとつの柱になる可能性がなるものの、現時点では未熟な点も少なくありません。とはいえ、すでに始まっている免疫療法の中にはある程度の治療効果が期待できるものもあります。またいまのところ治療は初めっていないものの、研究がかなり進んでいる別の手法もあります。主な免疫療法は次の6つに分けることができます。
1.免疫賦活療法
2.サイトカイン療法
3.養子免疫療法
4.モノクローナル抗体療法
5.ワクチン治療
6.遺伝子治療
ここで全部述べるのが長くなるため、遺伝子治療を中心として簡単に説明しましょう。


inserted by FC2 system